#症状の軽減 #生活の向上 #治療の継続

認知行動療法

Cognitive behavioral therapy:CBT

認知行動療法とは

認知行動療法とは、不適応な行動や自分を苦しくするような考え方のくせを、その人が楽に過ごせるように変容することを目指した心理療法です。支援をうける人と支援者が協働してその人の問題に向き合い、自己理解に基づく問題解決を目指します。最終的には支援者がいなくても、考え方や行動を自分でコントロールできるようになることが目標です。うつ病や不安障害に効果があることが知られており、統合失調症の幻聴や妄想にも一定の効果があるとされています。国内では2010年4月に診療報酬化されており、インターネットを利用した取り組みが始まるなど,多くの人がより気軽に利用できるような環境づくりも始まっています。

コクランレビューについて

世界の研究について知る(コクランレビュー) 統合失調症患者に対する認知行動療法+標準的ケア VS. 標準的ケア

基礎情報

対象者 統合失調症もしくは統合失調症に関連する疾患を持つ人
組み入れ研究数 60件
研究参加人数 合計5992人
最終検索日 2017年3月6日
効果の調べ方 標準的ケアに認知行動療法を付加した支援と標準的ケアのみ(通常の支援)を比較

統合失調症に対する認知行動療法は標準的ケアと比べて何に効果があるか?

表の見方はこちら

アウトカム/関心ごと 効果
統合失調症に対する認知行動療法+標準的ケア VS. 標準的ケアのみ
全体的な状態 改善
精神状態 改善
有害事象 減少
社会的機能 同程度
生活の質 同程度
治療の満足度 同程度

この表は、統合失調症や関連疾患を持つ人を対象として、標準的ケアに認知行動療法を付加した支援を行った場合と標準的ケアのみ(通常の支援)を行った場合を比べたとき、どの程度効果に違いがあるかを示しています。

統合失調症に対する認知行動療法は、全体的な状態や精神状態の改善と有害事象の減少に効果がありました。しかし、社会的機能、生活の質、治療の満足度については、通常の支援との間に違いはありませんでした。

全体的な状態とは、症状の重さや支援による回復度合いなどを総合的に判断した指標です。

留意点

統合失調症に対する認知行動療法に関して多くの研究が行われてきましたが、現状では利用できる科学的根拠の質が低く、効果について強く主張できません。より質の高いデータが利用可能になるまで、効果に関する結論は出せないということに注意が必要です。

[引用]
Jones_C, Hacker_D, Xia_J, Meaden_A, Irving_CB, Zhao_S, Chen_J, Shi_C. Cognitive behavioural therapy plus standard careversus standard care for people with schizophrenia. Cochrane Database of Systematic Reviews 2018, Issue 12. Art. No.: CD007964. DOI:10.1002/14651858.CD007964.pub2.
詳しくはこちら

世界の研究について知る(コクランレビュー) 統合失調症患者に対する認知行動療法+標準的ケア VS. 標準的ケア+他の心理社会的治療

基礎情報

対象者 統合失調症を持つ人
組み入れ研究数 36件
研究参加人数 合計3542人
最終検索日 2017年3月6日
効果の調べ方 認知行動療法と、その他の心理社会的支援を比較

認知行動療法はその他の心理社会的支援と比べて何に効果があるか?

表の見方はこちら

アウトカム/関心ごと 効果
認知行動療法 VS. その他の心理社会的支援
研究からの離脱 少ない
再入院 同程度
精神状態 同程度
死亡率 同程度
社会的機能 同程度
生活の質 同程度

この表は、統合失調症に対する認知行動療法をその他の心理社会的支援と比べたとき、どの程度効果に違いがあるかを示しています。

統合失調症に対する認知行動療法は、研究からの離脱がその他の心理社会的支援と比べて少ないことが示されました。再入院、精神状態、死亡率、社会的機能、生活の質については、統合失調症に対する認知行動療法とその他の心理社会的支援の間に違いはありませんでした。

このレビューにおけるその他の心理社会的支援には、心理教育や家族療法などが含まれていました。
研究からの離脱とは、予定された研究期間が終わる前に、参加者がその研究への参加を取りやめることです。

留意点

統合失調症に対する認知行動療法はその他の心理社会的支援と比べて、明らかで納得できるような有利な点はないことが示されました。統合失調症に対する認知行動療法に関して多くの研究が行われてきましたが、現状では利用できる科学的根拠の質が低く、効果について強く主張できません。より質の高いデータが利用可能になるまで、効果に関する結論は出せないということに注意が必要です。

[引用]
Jones C, Hacker D, Meaden A, Cormac I, Irving CB, Xia J, Zhao S, Shi C, Chen J. Cognitive behavioural therapy plus standard care versus standard care plus other psychosocial treatments for people with schizophrenia. Cochrane Database of Systematic Reviews 2018, Issue 11. Art. No.: CD008712. DOI: 10.1002/14651858.CD008712.pub3.
詳しくはこちら