支援付き住居

支援付き住居とは?

支援付き住居とは、当事者に住む場所と支援をセットで提供するサービスです。グループホームは支援付き住居の一形態です。マンションのような独立した個室の集合住宅や、キッチンや浴室などが共有の住居に入居して生活します。支援スタッフが常駐し、家事や食事の手伝い、服薬管理、面談などを行って生活を細やかにサポートします。一人暮らしが難しい重度精神疾患を持つ当事者にとっては、安定して地域に暮らすために役立つ方法と考えられています。一人暮らしの準備をする場所として、入居期間が定められている場合もあります。

コクランレビューについて

世界の研究について知る(コクランレビュー) 重度精神疾患を持つ人々に対する支援付き住居

基礎情報

対象者 重度精神疾患を持つ人
組み入れ研究数 0件
最終検索日 2006年7月

支援付き住居の効果を調べた研究が探されましたが、見つかりませんでした。

留意点

支援付き住居は当事者に恩恵をもたらす可能性がある一方で、専門家への依存度を高め、地域コミュニティからの排除を長引かせる可能性もあります。早急に重度精神疾患を持つ人に対する支援付き住居の効果を調査する必要があります。

[引用]
Chilvers R, Macdonald G, Hayes A. Supported housing for people with severe mental disorders. Cochrane Database of Systematic Reviews 2006, Issue 4. Art. No.: CD000453. DOI: 10.1002/14651858.CD000453.pub2.
詳しくはこちら